[親孝行]岐阜市 渡邊小百合(57)

2022年6月5日 07時35分

◆わたしの絵本

イラスト・まここっと

◆300文字小説 川又千秋監修
[遺伝子は、おもしろい]千葉市中央区・主婦・72歳 松山みよこ

 私は、四人姉妹。
 同じ親から生まれてきたはずなのに顔も性格もぜんぜん似ていない。
 どこか、不思議。
 孫が、三人。
 これまた、顔も性格もバラバラ。
 おっとりしていて物静かな無口の長女。反対にいつもお喋(しゃべ)りの止まらない次女。体を動かすのが大好きな、だっこだっこで甘えん坊の長男は四歳。
 疲れる…疲れた…が口癖のママ。
 ふとした瞬間に出る言葉や行動に、似てないようで似ていると思う時がある。孫と娘のやりとりに、苦笑い。
 鏡に映る私の顔、だんだんと亡き母に似てきたなと思う今日この頃。
 いつの日か、この孫たちも、ママに似たところが現れるのかしら。
 遺伝子って不思議。
 そして、おもしろい。

<評> 諺(ことわざ)の文句を借りれば、「他人の始まり」かもしれない兄弟姉妹。でも、その繋(つな)がりは簡単には途切れません。思わぬ場面で顔を出し、びっくりさせたり、笑わせたり。次の世代が待ち遠しくなります。

[成長神話] 静岡県掛川市・会社員・55歳 石川花子

 嫁が孫の食べ渋りに困っている。見かねて、声をかけた。「ご飯をたくさん食べると、大きくなれるよ」
 幼児にとって、成長神話は絶大だ。
 「たくさんたべたら、ママくらいおおきくなれる?」
 「パパよりも大きくなれるんじゃない」。孫の期待には応えなければならない。
 「おばあちゃんも、たくさんたべたら、おおきくなれる?」
 答えに詰まっていると、横から嫁。
 「おばあちゃんは、これから縮んでいくんだよ」。孫には真実を伝えなければならない。
 「じゃあ、あかちゃんになっちゃうじゃん。そしたら、こんどは、わたしがたべさせてあげる」
 「お願いしますよ」
 それが、せめて遠い将来であるよう願いながら、私は横に避けたシイタケをエイヤッと口に放り込んだ。

<評> 育ち盛りは食べ盛りであってほしいもの。一方、それを見守る子育て世代は、食べ過ぎ要注意の年頃かもしれません。ならば、せめて食卓では、好き嫌いのない大人の箸運びを見せてあげましょう。


関連キーワード


おすすめ情報