「映像が一生残る恐怖を想像して」 18歳でAV出演の女性訴え 新法案の救済策拡大を訴え

2022年6月6日 06時00分
 お金に困り、18歳でアダルトビデオ(AV)に出演した東京都内に住む20代前半の女性が本紙の取材に応じ、今でも街で男性とすれ違うたびに「私の映像をみられているのでは」と恐怖心を抱くと語った。AV被害者を救済する新法案が近く、国会で成立するが、救済対象にならない女性もいると訴える。法律は2年以内に必要があれば見直すことになっており、女性は救済策の拡大を求めている。(佐藤裕介)

◆2万円で持ちかけられ

 女性はAV被害者を支援するNPO法人「ぱっぷす」を通じ、複数回にわたり、本紙の取材にメールで応じた。
 女性は親から暴力を受け、15歳で児童福祉施設に保護された。18歳で退所した後、住む場所や仕事がなかったため売春を開始。知り合った男性に2万円でAV出演を持ちかけられ「ネットカフェに2週間いられる」と承諾してしまった。
 「普通に生きたい」と数年前、売春をやめ、AV動画も消したいと思ったが、撮影した男性から契約書も連絡先も教えてもらえなかったため、手の打ちようがなかった。映像や写真がネット上などに拡散されている可能性は高く「サイトは無限にある。一生残る恐怖や苦しさを想像してみてください」と訴える。
 国会でAV救済法案が成立する運びとなったのは、4月施行の改正民法による成人年齢引き下げで、保護者の同意がなければ、契約を解除できる「未成年者取り消し権」が消滅し、18、19歳を狙った悪質な勧誘が増えると指摘されたからだ。
 そのため、与野党は被害者を救済するための法案を議員立法で提出。出演者は年齢や性別を問わず、問題のある契約を結んだ場合、いつでも解除できるとした。契約に問題がなくても、動画などが公表された後、原則1年間は契約を解除できるとした。経過措置として法施行後2年間は、契約を解除できるとし、経過措置の間で必要があれば法律の内容を見直すと明記した。

◆だまされて出演させられる人を救って

 18、19歳が未成年だった時は、保護者の同意がない契約は取り消し権に基づき、25歳まで無条件で解除できた。だまされて契約したり、数年後に出演を後悔する人も多く、解除期間が最長7年から原則1年に短縮されるのは問題があるとの指摘も支援者団体から出ている。
 女性は「お金が欲しくてAVに出演する人が多いと思われがちだけど、生活に困ったり、だまされて出演させられる人も多い。そんな人たちを救える法律になってほしい」と望んでいる。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧