<買ってみたら>衣類スチーマー サッと除菌・しわ取り

2022年6月7日 07時20分

シャツの裾をひっぱりながら使うと、しわが取れやすい

 朝、着ていこうと思った服に、しわがあるとうんざりする。嫌いな家事の中でも、アイロンがけは上位だという。わざわざアイロン台を出さなくても気軽に使える、パナソニック(東京都港区)の「衣類スチーマー NI−FS780」を試してみた。
 かけ面の熱とスチーム噴射で、除菌やしわを取るなどの衣服ケアができる。本体に水を入れ、スチームボタンを押しながら、ハンガーにかけた服をなでるように使う。スチームがたっぷり出て、綿のTシャツ、ポリエステルのブラウスのしわが面白いように取れていった。軽いので腕への負担も少ない。タンスの奥にあった服のにおいも気にならなくなった。
 温度やスチームの当て方は素材によって変える。毛素材やレーヨンの衣類にはアイロン面を1センチ程度離して使う。革やダウンには使用しない。 今年3月にリニューアル。10分ほど使えるタンク容量は変えず、約15グラム軽量化。ハンドルは抗菌加工した。
 「360度、どこに傾けてもスチームが出ます。脱臭効果もアップしました。手軽に除菌もできるので、布マスクのお手入れなどもお薦めです」と、同社の山下恵さん。
 取れにくいしわにはアイロンのようにプレスして使っても。着ていなかった服の出番が増えそうだ。 (宇田川雅子)

<衣類スチーマー> 本体(約)長さ16.5センチ、幅8センチ、高さ13センチ(スタンド含まず)、690グラム、消費電力950ワット、タンク容量115ミリリットル。色はアイボリーかカームグレー。オープン価格(参考1万5400円前後)。家電量販店などで販売。(問)パナソニック家事商品ご相談窓口(電)0120・878・691


関連キーワード


おすすめ情報