<地球異変 すぐそばの温暖化>熱帯のチョウ 関東に 本州で生存地域が北上

2020年1月9日 02時00分

神奈川県葉山町で確認されたクロマダラソテツシジミ=横須賀市自然・人文博物館の内舩俊樹学芸員提供

 熱帯地域のインドネシアやマレーシアが主な生息地のチョウが、日本の本州で飛んでいる-。そんな情報の真偽を確かめようと、昨年十二月中旬、目撃情報がある神奈川県の三浦半島に向かった。
 探すのは「クロマダラソテツシジミ」。特徴は淡い青紫の羽で、体長は一センチほど。その名が示す通り、南国ムードを演出するため植えられることが多いソテツの新葉を、幼虫が食べて成虫になる。インターネット上には、昆虫愛好家がクロマダラソテツシジミの写真を多く掲載しており、数年前には、寒くなり始める十一月に三浦半島で繁殖行動をしている報告もあった。
 三浦半島では、リゾート施設や大規模霊園、公園、海岸沿いなどのソテツの並木で飛んでいるのが確認されている。「まずは葉が食べられているソテツを見つけて。葉の付け根に綿状のものがあり、そこにサナギがいる可能性があるので、よく観察してください」。横須賀市自然・人文博物館(神奈川県)の内舩(うちふね)俊樹学芸員からアドバイスを受け、注意深く見て回った。
 十数本に一本くらいの割合で、虫に食べられて葉が軸だけになったり、短くなったりしたソテツが見つかったので写真を撮影。綿状の中を探したが、サナギは見つけられなかった。
 内舩学芸員は「三浦半島の昆虫研究グループにも葉の写真を見てもらったが、クロマダラソテツシジミの幼虫の食痕ではなさそう。ただ、昨年までは発生の記録はある」。残念ながら、この目でチョウの痕跡を確認できなかった。
 クロマダラソテツシジミは一九九二年に沖縄本島で初めて確認された。大阪府立大大学院の平井規央(のりお)教授(緑地環境科学)によると、二〇〇七年には九州各地(鹿児島、宮崎、熊本、長崎県)のほか兵庫県宝塚市などで、翌〇八年には三重県各地や名古屋市でも姿が確認されている。地球温暖化や都市部のヒートアイランド現象で気温が上昇し、本州でも生きられる地域が拡大したためとみられる。
 ただ、国内に定着したかというと少々違う。「一月ごろまで生きる個体もいるが、まだ日本国内で越冬するのは無理とみている」と平井教授。冬から五月に、幼虫の栄養源となるソテツの新葉がないことが主な理由だという。内舩学芸員も「冬の間は活動を休止する越冬サナギの特徴を備えていない」と話す。
 現状では、東南アジアなどで発生したチョウが、五月の大型連休後に沖縄や九州に上陸し、繁殖を繰り返しながら本州に広がり、状況によって神奈川、千葉両県辺りまで拡大。冬にはいなくなり、翌年また飛来するパターンのようだ。
 南方のチョウの中には日本で冬を越し、北上を続けて定着した種類も。九州以南に限られていたナガサキアゲハや、東海地方までだったツマグロヒョウモンは、既に北関東にまで広がっている。 (山川剛史)
 =おわり

幼虫が栄養源とするソテツ=同県逗子市で

◇ご意見、情報を募集します

 シリーズ「地球異変」へのご意見、情報をお寄せください。ファクスは03(3595)6919。メールはshakai@tokyo-np.co.jp、郵便は〒100 8505(住所不要)東京新聞「地球異変」取材班へ。

関連キーワード


おすすめ情報

気候変動/1.5度の約束の新着

記事一覧