延期の渋川市・音楽イベント「1000人ROCK」 10月15日に代替イベント アコースティックギター中心 演奏300人 あすから受け付け

2022年6月9日 07時38分

「1000人ROCK ACOUSTIC」のロゴ(実行委提供)

 音楽ファンが群馬県渋川市の伊香保グリーン牧場に集まり、同じ曲を演奏する音楽イベント「1000人ROCK FES.GUNMA」の実行委員会は、演奏人数を絞った代替イベントを十月十五日に開くと発表した。アコースティックギターを中心にした「1000人ROCK ACOUSTIC」で会場は同牧場。今月十日正午から演奏希望者のエントリーを受け付ける。
 1000人ロックフェスは新型コロナウイルスの影響で一昨年、昨年と開催を見送り、代替企画として演奏動画を募って一つに編集して配信した。今年も一年延期して来年六月三日に開くことを決めたが、実行委は「今の状況でもファンに楽しんでもらい、次回につながる取り組みを」と代替イベントを模索してきた。
 1000人ロック・アコースティックは、ボーカル三十人、アコースティックギター百七十人、ベース五十人、パーカッション五十人の計三百人に絞って募集し、定員になり次第締め切る。ボーカルは七月末まで募り、実行委で選考する。
 演奏する課題曲はBOØWYの「CLOUDY HEART」、THE BLUE HEARTSの「青空」、hide with Spread Beaverの「HURRY GO ROUND」の三曲。
 実行委の柄沢純一郎委員長は「通常開催に戻す第一歩。これまでとは少し違う1000人ロックを楽しんでほしい」と呼びかける。
 演奏者の参加料は一人二千五百円。申し込みと詳細は公式ホームページから。(石井宏昌)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧