あしなが学生募金 あす街頭活動 2年半ぶり本格実施 群馬、栃木両県の駅前など

2022年6月10日 07時58分

コロナ禍前の2019年10月に行った街頭募金=群馬県高崎市で(あしなが育英会提供)

 病気や災害などで親を亡くした子どもへの支援を募る「あしなが学生募金」の街頭活動が十一日、群馬、栃木両県で行われ、奨学生らが協力を呼びかける。新型コロナウイルスの影響で二〇一九年十月を最後に本格的な街頭募金は自粛しており、二年半ぶりになる。
 あしなが募金は例年四月と十月に全国で街頭募金を行ってきたが、コロナ禍で自粛が続いていた。二一年十二月に全国十二都市に限定して活動し、群馬県では高崎市で二時間だけ行ったが、今回、五月にスタートした「全国リレー募金」の一環で本格的に実施する。
 開始時刻は午前十時で、群馬ではJR高崎駅東口(午後六時まで)、JR前橋駅南口(午後五時半まで)、JR伊勢崎駅南口(午後五時まで)、栃木はJR宇都宮駅構内(午後六時まで)で支援を募る。
 高崎駅でボランティアスタッフとして参加する大学三年の木本渚さん(20)は「コロナ禍や値上げなどで生活が困窮している家庭も多く、進学をあきらめなければならない学生もいる。ぜひ協力してほしい」と話した。(石井宏昌)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧