新年一般参賀に上皇ご夫妻

2019年12月29日 02時00分
 宮内庁は27日、来年1月2日に行われる令和初の新年一般参賀に上皇ご夫妻も参加されると発表した。上皇ご夫妻は午前の3回、天皇、皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻ら皇族と共に皇居・宮殿のベランダに並び、東庭に集まった人々の祝賀に応じる。天皇代替わり後、上皇さまが天皇陛下と一緒に公の場で国民に姿を見せるのは初めてとなる。
 同庁の西村泰彦長官はこの日の定例記者会見で、「1年の始まりの皇室行事ということで、上皇さまと上皇后さまに参加をお願いし、快諾していただいた」と説明した。
 高齢の上皇ご夫妻の負担を考慮し、午前、午後の計5回のうち、午前の3回に限定した。再来年以降の新年一般参賀も出席を依頼する見通しだが、毎年2月23日の天皇誕生日の一般参賀は予定していないという。
 来年1月2日の新年一般参賀では、両陛下を中心に皇族が長和殿のベランダに並び、陛下があいさつする。上皇ご夫妻は両陛下の右隣に立つ。希望者は午前9時半~午後2時10分に皇居・正門(二重橋)から宮殿前の東庭に入る。

関連キーワード

PR情報