<新型コロナ>大人用ワクチンを7歳女児に誤接種

2022年6月14日 07時08分
 東京都北区は十三日、区内の医療機関が七歳の女児に十二歳以上に使う大人用の新型コロナワクチンを誤って接種したと発表した。現在のところ、女児の健康状態に問題はないという。
 五〜十一歳の小児用ワクチンは十二歳以上で使うワクチンとは別製剤。区によると、女児は四月に区内医療機関で、小児用の米ファイザー製ワクチンではなく、小児用と同じ有効成分量となるよう分量を調整した大人用の同ワクチンを接種された。六月に二回目接種のため訪れた別の医療機関で、一回目の接種済証に貼られたワクチン名などが書かれたシールから誤接種が判明した。
 誤接種したのは、十二歳以上のワクチン接種を実施する医療機関だが、三月に設定した接種予約システムの年齢制限を誤り、十二歳未満も予約可能になっていたため、女児は来院。担当医は女児の年齢に気付いていたが、「大人用ワクチンを小児用ワクチンと同じ成分量に調整すれば、問題ない」との誤った認識で接種したという。(西川正志)

関連キーワード


おすすめ情報

北区の新着

記事一覧