ウクライナ支援へ絵画出品 あす虎ノ門ヒルズでオークション

2022年6月15日 06時36分

松岡さん(右)と「夜明けの花束」(本人提供)

 「日本とウクライナの芸術家によるウクライナ支援チャリティー・アート・オークション」が16日、東京都港区の虎ノ門ヒルズで開かれる。埼玉県出身の現代アーティスト松岡智子さん(33)が4月の支援イベントで公開制作した絵画「夜明けの花束」を出品。ウクライナの3人とカナダの1人も出品する。
 主催は新宿で街頭募金などをしている「Stand With Ukraine in Japan」など。松岡さんは今回の作品について「ウクライナの未来を描いた」と話す。キャンバスの大半は「戦争中のウクライナ」を表すように黒く塗ったが、所々に明るい色を配置。「素晴らしい文化、美しい町、市民の温かさ、テクノロジーというウクライナの強さを表現した」。落札額は全額、人道支援物資の購入資金に充てる。
 午後7時から。松岡さんらとの対話の後、オークション開始。入場無料。ベンチャー・カフェ東京のHPから事前申し込みが必要。落札希望者は身分証明書の持参も必要。(加藤益丈)

関連キーワード


おすすめ情報

港区の新着

記事一覧