秋元衆院議員 逮捕 IR参入巡り収賄容疑 中国企業側から300万円

2019年12月25日 16時00分

秋元司衆院議員

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への日本での参入を目指していた中国企業側から、現金三百万円を受け取ったなどとして、東京地検特捜部は二十五日、収賄の疑いで、自民党衆院議員の秋元司容疑者(48)=東京15区=を逮捕した。現職国会議員の逮捕は約十年ぶり。中国企業側が不正に現金を持ち込んだとされる外為法違反事件は、IRを巡る政界汚職事件に発展した。
 秋元容疑者は二十四日、本紙の取材に「中国企業に便宜を図ったことはないし、お金も一切もらっていない。やましいことは全くない」と現金の受領を否定。二十五日午前にはツイッターで、「私は不正には一切関与しておりません」と改めて潔白を主張していた。
 秋元容疑者は二〇一七年八月から今年九月まで内閣府副大臣を務め、昨年十月まではIRを担当していた。安倍政権が「成長戦略の柱」と位置づけるIRを巡り、自民党内から逮捕者が出たことで、今後の政権運営やIR施策に影響が出る可能性がある。
 ほかに逮捕されたのは、中国企業「500ドットコム」の日本法人「500ドットコムジャパン」(東京都港区)の元役員ジェン・シー(37)、いずれも同社元顧問の紺野昌彦(48)=那覇市、仲里勝憲(47)=沖縄県浦添市=の三容疑者。
 逮捕容疑では、秋元容疑者はIR担当の内閣府副大臣だった一七年九月下旬ごろ、同社がIR事業で有利な取り計らいを受けたいとの趣旨と知りながら、東京都内で三人から現金三百万円を受領。一八年二月中旬には、三人らから北海道旅行に招かれ、妻子を含めた旅行代約七十万円相当の利益供与を受けたとされる。
 インターネットくじなどを手がけていた500コムは一七年七月、日本に進出。翌八月に那覇市でIRのシンポジウムを開き、経営トップと秋元容疑者が基調講演した。秋元容疑者は同年十二月、中国・深セン(しんせん)の同社本社を訪れ、経営トップと面会している。
 経営トップらは一八年一月、IRの誘致を目指していた北海道留寿都(るすつ)村を訪問。秋元容疑者は翌二月、同村で村幹部と会食した。
 特捜部は今月七日、500コム側が海外から現金数百万円を不正に持ち込んだとする外為法違反容疑の関係先として、秋元容疑者の元秘書二人の自宅を家宅捜索。十九日には秋元容疑者の衆院議員会館の事務所や江東区の地元事務所を家宅捜索した。秋元容疑者は〇四年の参院選で初当選した。一〇年参院選で落選後、一二年の衆院選で東京15区から出馬。小選挙区では敗れたものの、比例復活した。現在三期目。
<統合型リゾート施設(IR)> カジノのほか、ホテルや劇場、国際会議場、ショッピングモールなどが集まった複合的な施設。自民党内にあったカジノ議連が2010年、超党派によるIR議連に発展し、カジノ合法化を目指す動きが続いた。横浜市、大阪府・市、和歌山県、長崎県の4地域が既に誘致を表明している。国の意向調査に北海道、東京都、千葉市、名古屋市も「申請予定または検討」と回答していたが、11月末に北海道が申請を見送ると表明。立地区域は最大3カ所で、政府による認定は21年以降。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧