第一線の振付作家が最新作発表 第49回現代舞踊展7月9日(土)10日(日)メルパルクホール 

2022年6月17日 07時28分

2021年の公演から

 日本最大規模の、現代舞踊(モダン・コンテンポラリーダンス)の合同公演です。日本の現代舞踊界の第一線で活躍する振付作家20組が、最新の舞台作品を発表します。
 ◇日時・会場 7月9日(土)午後6時15分開演、10日(日)午後6時開演・メルパルクホール(東京都港区芝公園2の5の20)
 ◇入場料 各日とも、前売り4000円、当日4500円。全席自由
 ◇出展作家 【9日】高澤和歌子▽谷乃梨絵▽原島マヤ▽冴子▽柳下規夫▽村上クラーラ・ラコーナ▽藤井香▽佐久間尚美・坂木眞司▽仲野惠子▽萩谷京子・萩谷紀衣【10日】藤田恭子▽三浦太紀▽古市昌子▽鈴木泰介・贄田麗帆▽田中いづみ▽加藤みや子▽井上恵美子▽中條富美子▽野坂公夫・坂本信子▽森嘉子
 ◇問い合わせ 東京新聞文化事業部=(電)03(6910)2345(平日午前10時〜午後6時)
 ◇主催 東京新聞
 ◇後援 現代舞踊協会

関連キーワード


おすすめ情報

お知らせの新着

記事一覧