豚コレラ 未発生でもワクチン 東京、神奈川など8都府県

2019年12月20日 16時00分
 農林水産省は二十日、豚コレラ(CSF)対策の有識者会議を開き、豚へのワクチン接種を発生県に隣接する茨城、栃木、千葉、東京、神奈川、新潟、京都、奈良の八都府県にも拡大する方針を決めた。これらの地域は豚コレラ未発生だが、感染が波及する前にあらかじめ地域を広げて接種を進めておくことで、まん延防止を目指す。
 これにより、ワクチンの接種推奨地域は既に選定済みの十二県を含めて計二十都府県に拡大する。新たに追加された八都府県での接種開始時期については、東京、神奈川、新潟、京都、奈良が早ければ年内、茨城、栃木、千葉が来年二月以降との見通しを示した。
 農水省はこれまで飼育豚や野生イノシシで感染が確認された群馬や長野など十二県をワクチンの接種推奨地域に指定。十月下旬から順次、接種を実施している。
 ただ隣接する自治体からも接種の要望が出されていたため、農水省が対応を検討していた。
 接種開始の当初はワクチンの備蓄に余裕がなく、農水省は発生県のみに接種を限っていた。メーカーによる増産の結果、十二月末までに追加で二百五十万頭分が確保できる見通しとなったことで、接種地域の拡大が可能と判断した。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧