全日空機が緊急着陸 福岡、「エンジンから出火」

2019年12月19日 16時00分

福岡空港に緊急着陸した全日空機から降りてバスに乗り込む乗客=19日午前

 十九日午前九時五十分ごろ、福岡発羽田行き全日空246便ボーイング767から離陸直後に「右エンジンから出火した」と国土交通省福岡空港事務所に連絡があった。同機は同十時十五分ごろ、福岡空港に引き返し、緊急着陸した。空港事務所や全日空によると、滑走路が一時閉鎖され、目的地を変更したり、遅れが生じたりした便があった。
 全日空によると、同機には乗客乗員計二百七十八人が乗っていた。けが人の情報はないという。福岡市消防局にも、部品の落下やけが人に関する通報は入っていない。全日空が機体を点検し、トラブルの原因を調べる。
 空港事務所によると、同機は午前九時五十一分に離陸し、約一分後に緊急着陸の要請があった。全日空によると、右エンジンの温度上昇が計器で確認されたため、右エンジンを停止させて緊急着陸した。トラブルが発生したのは空港の南約三・五キロ、高度約六百メートル。

関連キーワード


おすすめ情報