<彩 首都圏の四季を訪ねて>はかない命の光 ヒメボタル(埼玉県秩父市)

2022年6月19日 07時06分

雑木林の中を舞うヒメボタル。シンクロするようにタイミングを合わせて明滅する光景に、辺りは幻想的な雰囲気に包まれた(30秒露光した写真6枚を比較明合成)=10日、埼玉県秩父市で

 埼玉県秩父市でホタルのシーズンを迎えた。六月上旬にはゲンジボタルなどに先駆けてヒメボタルが、光を放ちながら木々の間を乱舞する幻想的な光景が見られた。
 「森のホタル」と呼ばれるヒメボタルは、小川などの水辺にすむゲンジボタルなどと違い陸生で、雑木林や竹林などに生息する。体長六〜九ミリほどで、黄金色の光をフラッシュ光のように短く点滅させる。メスは羽が退化し飛ばないため地上や草の茎などで発光し、それにひかれてオスが飛び回る。成虫の寿命はオスで七日、メスが二、三日ほどと短い。
 同市内では五月下旬〜六月上旬に雑木林や畑などで見られ、ピークの午後十時ごろになるとシンクロするようにタイミングを合わせて点滅。訪れた地元住民らは天然のイルミネーションにうっとりと見入っていた。
 同県越生町から夫婦で訪れたカメラマンの男性(76)は「ホタルのとりこになって三年ほど通っている。撮るのは難しいですが、はかない命が放つ光は美しい。いつまでも残していきたい光景ですね」と話した。
 同市内ではゲンジボタルやヘイケボタルを、小川地区や吉田地区などで七月上旬ごろまで楽しめる。同市観光課は「発生状況はホームページで随時更新しているので確認を。マナーを守って観賞してほしい」と呼びかけている。
 ◇
 首都圏の四季折々の美しい景色を写真記者が紹介。原則毎月第3日曜日に掲載します。
 ◆ご希望の方には掲載写真を販売します。フォトサービス03(6910)2557(平日午前10時〜午後5時)。インターネットでの申し込みは東京新聞オフィシャルショップ
 文と写真・隈崎稔樹
 ◆紙面へのご意見、ご要望は「t-hatsu@tokyo-np.co.jp」へメールでお願いします。

関連キーワード


おすすめ情報

TOKYO発の新着

記事一覧