保育士に学びの場を 辻村人財コンサル(文京区)・辻村あい社長<リーダーズ>

2022年6月19日 07時44分
 「保育事業は競争ではなく『共創』。すべての保育園がよくなるために、保育士の学びの場が必要」と語るのは辻村あい社長(40)。二〇一五年に保育園の運営を始め、最近は保育士の研修事業も手掛ける。
 運営を始めた当初は離職率が七割と高かった。「子どもの主体性と自己肯定感を育むことが目標なのに、それが育めていない大人が多い」と気付き、保育士の研修に力を入れた。仲間同士の多様性を知ることに力点を置き、四割を占めるパートも参加。離職率は一七年に5%まで下がった。
 「子どもの時に自己肯定感を高めることで、自殺や心の病を減らしたい」と辻村さん。そのために東京都内を中心に保育士の育成を広げる考えだ。

関連キーワード


おすすめ情報

東京けいざいの新着

記事一覧