やまゆり園事件6年を前に 元職員の大学講師が講演 明治大で22日

2022年6月20日 07時22分

講演会を告知するチラシ

 知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で入所者十九人が殺害された事件から来月で六年になるのを前に、東京都千代田区の明治大駿河台キャンパスで六月二十二日午後五時半から、「相模原事件をどう乗り越えるのか−『内なる優生思想』と決別するために」と題した講演会が開かれる。
 同施設の元職員で、植松聖死刑囚にも接見し、横浜地裁での公判も傍聴して検証した書籍をまとめた専修大講師(社会思想史)の西角純志さんが話をする。
 誰もが人間らしく生きる権利と、役に立つ人ばかりが優遇される社会の対立的な構造について考えてもらうのが狙い。明治大情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターの主催。
 会場は同キャンパスのグローバルホール。無料。ウェブから事前の参加申し込みが必要で、アドレスは、https://forms.gle/oWHbT8Febp6FY1if6(井上靖史)

関連キーワード


おすすめ情報

千代田区の新着

記事一覧