「環境問題 我々に責任」 ノーベル賞・吉野さん帰国

2019年12月16日 02時00分

ノーベル賞の授賞式から帰国し、記者会見でメダルを披露する吉野彰・旭化成名誉フェロー。右は妻久美子さん=15日、成田空港で

 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰旭化成名誉フェロー(71)が十五日、授賞式など一連の日程を終え、スウェーデンのストックホルムから帰国した。成田空港で記者会見した吉野さんは「長かったようであっという間だった。無事終わりほっとしている」と振り返った。
 講演で訪れた現地の学校の子どもの様子が印象的だったとし、「環境問題への関心をひしひしと感じた。彼らは恐怖心を持っている」と述べた。
 会見に同席した妻久美子さん(71)が「同行した孫が『じじ、ノーベル賞おめでとう』と書いた手紙をくれた」とのエピソードを明かすと、吉野さんも「うるるんとしますよね」と応じた。
 吉野さんは「環境問題への道筋をつけることがわれわれの責任だ」と強調し、「あまりのんびりしていられないが、きつねうどんが食べたい」と笑顔を見せた。
 吉野さんらは五日、日本を出発。授賞式や晩さん会に参加した。

関連キーワード


おすすめ情報