木の温かみ「杜のスタジアム」 国立競技場 竣工式

2019年12月16日 02時00分

竣工式が行われ、報道陣に公開された国立競技場=15日、東京都新宿区で(市川和宏撮影)

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場(東京都新宿区)の竣工(しゅんこう)式が十五日、開かれた。安倍晋三首相や東京都の小池百合子知事、設計に携わった建築家の隈研吾氏らが出席し、木材をふんだんに使った「杜(もり)のスタジアム」の誕生を祝った。
 安倍首相は「令和元年に完成したスポーツの新たな拠点が、これからのスポーツの歴史を刻んでいくことを祈念する」とあいさつ。壇上で首相らが特設のスイッチを押すと、場内の大型スクリーンに完成を祝福するアスリートらの映像が流れる演出もあった。
 新たな国立競技場は当初のデザイン案の白紙撤回を経て、一六年十二月に着工。旧競技場の跡地に千五百六十九億円の整備費を投じて建設し、ことし十一月三十日に完成した。二十一日に記念イベントが開かれ、一般に初披露される。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧