高石ともやさん 荒川区で来月、反戦歌コンサート

2022年6月21日 07時11分
 フォークソングの草分け、高石ともやさん(80)=写真、事務所提供=が七月一日、東京都荒川区でコンサート「平和が一番」を開く。五十五年前にフランス語の歌詞を自ら翻訳した反戦歌「拝啓大統領殿」が、ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに再び注目されている。
 原曲は一九五〇年代半ばに仏作家ボリス・ヴィアンが作詞作曲した「脱走兵」。仏領だったアルジェリアの独立戦争に徴兵された兵士が、当時の仏大統領に手紙を宛てた形になっている。高石さんは歌詞の翻訳に「戦いたくない」「殺したくない」といった言葉を使い、六七年からベトナム反戦集会で歌っていた。
 高石さんは当日に向け「自分の歌が観客の皆さんの平和への祈りにつながれば」と話す。
 ムーブ町屋(荒川七)で午後六時半開演。四千円。予約は高石さんの公式HPや事務所=電090(3037)4206=で。(小形佳奈)

関連キーワード


おすすめ情報

荒川区の新着

記事一覧