<新型コロナ>神奈川県で新たに815人感染、1人死亡 県議1人も感染

2022年6月21日 17時48分
 神奈川県内で21日、新型コロナウイルスに感染した1人の死亡と、815人の感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。
 川崎市は麻生区の90代女性の死亡を発表した。市北部の病院に入院中で、15日に同室患者の感染が分かり、女性も検査で陽性が判明。無症状だったが、19日に肺炎で死亡した。肺疾患があり、ワクチンは3回接種していた。
 市は女性が入院していた病院で17日までに職員1人、患者5人の陽性が判明したとして、クラスター(感染者集団)と認定した。172人の新規感染と市内保育施設1カ所の休園も発表した。
 県は115人を発表。このうち100歳代の女性を含む8人は、鎌倉保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設の入所者と職員で、クラスターと認定した。女性は肺炎などがあり入院した。
 横浜市は364人の感染を発表。特別養護老人ホームでクラスターを認定した。
 発表された新規感染者数は相模原市55人、横須賀市37人、藤沢市44人、茅ケ崎市28人。
 また、県議会局は共産党の上野達也県議(35)=横浜市神奈川区選出=が感染したと発表した。20日の本会議出席後に症状が出たため、21日に同じ会派の4人を念のため検査したところ陰性だったという。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧