参院選東京 公示 6議席に34人立候補

2022年6月23日 06時35分
 二十二日公示された参院選東京選挙区(改選数六)は、三十四人が立候補を届け出た。各候補者は都内各地で第一声を上げ、七月十日の投開票に向け、十八日間の選挙戦をスタートさせた。主要政党のほか、諸派や無所属の候補が入り乱れ、激戦が予想される。
 現有二議席の自民党と立憲民主党は現職と新人一人ずつを擁立し、現有議席の確保を目指す。公明党と共産党はそれぞれ現職一人が再選を期す。
 日本維新の会は新人一人、れいわ新選組は元職一人を擁立。社民党は新人一人、NHK党は新人五人が立候補し、小池百合子知事を支える地域政党が母体の「ファーストの会」からも新人が立候補した。
 期日前投票は六月二十三日〜七月九日、三百十三カ所で行われる。会場によって日時が異なる場合があり、都選挙管理委員会がホームページで詳細を案内している。
 六月二十一日現在の選挙人名簿登録者数は千百五十二万二千二百二十人で、参院選としては過去最多。前回二〇一九年に比べて三万三千三百二十六人増えた。

◆選挙区立候補者(届け出順)

(6…34)

説田健二 51 N新 フリーカメラマン
菅原深雪 60 諸新 会社役員    
山本太郎 47 れ元<1> 党代表     
中村之菊 42 諸新 政治団体代表  
安藤裕 57 諸新 (元)内閣府政務官 
海老沢由紀 48 維新 (元)大阪市議   
荒木千陽 40 ファ新 都民ファ代表 「国」
服部良一 72 社新 党幹事長    
長谷川洋平 45 N新 政治団体代表  
山添拓 37 共現<1> 党政策副委員長 
猪野恵司 38 N新 バレエ教室経営 
竹谷とし子 52 公現<2> (元)財務政務官  
田中健 56 N新 (元)江戸川区議  
沓沢亮治 54 諸新 (元)豊島区議   
桑島康文 60 諸新 医師      
小畑治彦 36 諸新 (元)東大阪市議  
後藤輝樹 39 諸新 デザイン印刷業 
朝日健太郎 46 自現<1> (元)国土交通政務官
込山洋 48 諸新 (元)介護施設職員 
及川幸久 62 諸新 幸福実現党役員 
青山雅幸 60 諸新 (元)衆院議員   
生稲晃子 54 自新 俳優      
松尾明弘 47 立新 (元)衆院議員   
蓮舫 54 立現<3> (元)党代表代行  
斎木陽平 30 諸新 学習塾経営   
河野憲二 74 諸新 (元)団体職員   
乙武洋匡 46 無新 作家      
中川智晴 64 無新 1級建築士   
田村真菜 34 諸新 フリー編集者  
内藤久遠 65 諸新 (元)陸上自衛官  
松田美樹 35 N新 不動産会社役員 
河西泉緒 41 諸新 クラブ経営   
油井史正 78 無新 個人事業主   
中村高志 62 無新 (元)会社員    
 党派の略称は、自=自民、立=立民、公=公明、維=維新、共=共産、国=国民、れ=れいわ、社=社民、N=N党、ファ=ファーストの会、諸=諸派、無=無所属
 候補者の年齢は投票日基準

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧