参院選茨城 公示 8新人が2議席争う

2022年6月23日 07時48分
 参院選が二十二日公示され、茨城選挙区(改選数二)には、建築会社役員で政治団体「参政党」の菊池政也氏(37)、連合茨城執行役員で無所属の堂込(どうごみ)麻紀子氏(46)=立民、国民推薦=、元栃木県鹿沼市議で日本維新の会の佐々木里加氏(55)、服飾販売会社員でNHK党の丹羽茂之氏(30)、元茨城県議で自民党の加藤明良氏(54)=公明推薦=、会社代表取締役でNHK党の村田大地氏(45)、元県議で共産党の大内久美子氏(72)、元大学教授で無所属の仲村渠哲勝(なかんだかりてつまさ)氏(80)の新人八人が立候補を届け出た。投開票は七月十日。期日前投票は六月二十三日から始まる。二十一日現在の選挙人名簿登録者数は在外を含め二百四十一万九千五百七十四人。(参院選取材班)
 自民の加藤明良氏は午前十時から、水戸市内のホテルで出陣式に臨んだ。
 約千二百人を前にロシアのウクライナ侵攻や日本の領土問題に触れ、「平和は、国家、国民が気概を持って守らないといけない。その政治ができるのは、自民党しかない」とアピール。エネルギーや食料問題にも言及し、「全ての政策に全力で取り組む。そのために、何としても勝利の二文字を勝ち取りたい」と支援を求めた。
 正午からは水戸駅南口で最初の街頭演説を行い、その後は選挙カーで水戸市内を回った。
 旧民主党系の「統一候補」となった無所属の堂込麻紀子氏は、水戸市内のホテルで出陣式を開いた。連合本部から芳野友子会長が応援に駆けつけた。
 その後、立民、国民両党の国会議員とともに同市の京成百貨店前で選挙カーに乗って第一声。小売業界で約二十五年間働いた経験を語り、「生活者を代表して、皆さまのお役に何とか立ちたい」と力を込めた。
 働く女性の立場も強調し、「介護や育児をしながら働き続けることが困難な人もいる。女性が活躍できる社会が本当に必要だ」と声をからした。
 日本維新の会の佐々木里加氏は午前十一時、水戸市内の大型ホームセンター前で、県組織「茨城維新の会」選対本部長の武藤博光那珂市議とともに第一声を上げた。
 佐々木氏は「既得権益のある特定の団体の後ろ盾がない」と党の姿勢をアピール。「国民に毎月、七〜十万円を給付するベーシックインカムを実現する。農家への戸別所得補償制度を法制化する。幼児から大学まで教育を無償化する」と政策を訴えた。
 その後は県南地方に移動し、石岡、土浦、取手市などで遊説した。
 共産の大内久美子氏は水戸市内の選挙事務所前で第一声。約七十人の支援者に「国会に送り出してほしい」と呼び掛けた。
 大内氏は、ロシアのウクライナ侵攻を批判した上で国内の政治に言及。「この機に乗じて改憲し、軍事力を強化しようとする動きがある。日本を再び戦争する国にしてはならない」と気勢を上げた。
 日本原子力発電東海第二原発(東海村)についても「昨年三月の水戸地裁判決で、事故が起きても住民は避難できないと指摘された。再稼働は絶対にしてはならない」と力説した。
 NHK党の丹羽茂之氏と村田大地氏は午後零時半ごろから、JR水戸駅南口でそろって街頭演説した。
 「NHKをぶっ壊す」。冒頭、立花孝志党首の決めぜりふとポーズをまねて演説を始めた丹羽氏は、受信料を払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」の実現を中心に主張。「水道やガスなど公共料金と同じで、NHKも見たい人だけが払って見ればいい」と指摘した。
 村田氏は、出生率の低下や働き手の減少など、地方の抱える課題を指摘。「若い人がいないことを前提とした政治や経済をつくらないといけない」と強調し、デジタル・トランスフォーメーション(DX)化の推進や地方分権も訴えた。
 参政党の菊池政也氏は、水戸市の京成百貨店前で、出陣式を兼ねて最初の街頭演説に臨んだ。
 既存政党を「聞こえの良いことしか言わない」と批判し、「参政党はおかしな世の中を正すため、党員自ら議論して本気で政治に取り組む」とアピール。教育政策について「従来の詰め込み教育を見直し、自分で考える力を養う教育にシフトすべきだ」と語った。
 無所属の仲村渠哲勝氏は立候補届け出後、報道陣に「(明治政府が琉球王国を併合した)琉球処分の犯罪性を訴えたい。琉球は独立するしかない。そして大切なのは自由と平和だと語りかけていく」と話した。選挙ポスターを三千枚用意し、自分で県内各地に張っていくという。

候補者の街頭演説に耳を傾ける有権者=水戸市で

◆選挙区立候補者(届け出順)

(2…8)

菊池政也 37 諸新 建築会社役員
堂込麻紀子 46 無新 連合茨城執行委員 「立」「国」
佐々木里加 55 維新 (元)鹿沼市議
丹羽茂之 30 N新 服飾販売会社員
加藤明良 54 自新 (元)県議 「公」
村田大地 45 N新 会社代表取締役
大内久美子 72 共新 (元)県議
仲村渠哲勝 80 無新 (元)大学教授   
 党派の略称は、自=自民、立=立民、公=公明、維=維新、共=共産、国=国民、N=N党、諸=諸派、無=無所属

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧