豊上ジュニアーズ3連覇 全17イニング連続得点!圧勝劇! 全日本学童千葉県予選

2022年6月23日 08時33分
高円宮賜杯第42回全日本学童軟式野球マクドナルド・トーナメント 千葉予選大会
千葉県野球協会主催
千葉県少年野球連盟主管
ペン&カメラ=鈴木秀樹
 夏の全国大会を目指す戦いは5月29日、6月4、5日、県内の各支部代表16チームが参加して行われた。5日には袖ケ浦市の百目木公園野球場で準決勝と決勝が行われ、豊上ジュニアーズ(柏)が千葉市原マリーンズ(市原)との決勝を快勝し、コロナ禍の影響で中止となった第40回大会を挟み、大会3連覇を果たした。大橋みどりファイターズ(東葛)と西海ドラゴンズ(船橋)が3位だった。

◆打線爆発!!足も絡め猛攻

代名詞ともいえる果敢な走塁も、豊上が試合の流れをつかむ大きな要因となった

 他を寄せつけない強さで3連覇。全国大会への切符を危なげない戦いで手に入れたナインは、決勝の後、晴れやかな笑顔で応援団に手を振った。
 決勝は1回裏、四球に続いて2番・荒井遥翔が右越えに2ラン本塁打を放って先制すると、その後も連続四球から鈴木瑛人が適時打を放つなど、足も絡めた攻撃で打者一巡の計6点。2回にも4番・佐々木悠汰の適時打で2点を加え、3回には1番の藪内雅也、4回には再び荒井が本塁打を放つなど、それぞれ5点を加えて大勝した。
 17−3、9−2、14−6、そして決勝の18−1。4試合の圧勝劇には、さらに驚きの数字が潜んでいる。全17イニング、毎回得点を記録。「これはもう、選手たちを褒めるしかないですね」。武田知コーチが最高の笑顔でナインをたたえた。

◆目標は“先輩の3位”超え

先発し、力強い投球を見せた常田主将

 これだけの圧勝劇を演じながら、豊上は今大会、ベストな陣容で臨めていない。1番打者の藪内雅也は、本来、正捕手だが、肩の故障でレフトを守った。
 全試合、扇の要として守り通したのは佐々木。「大変だったけど未経験ではなかったし、ケガしてる選手の分まで頑張らなきゃと思って、必死でした。でも、おかげで自信もついたかな」
 3年前に続き、昨年も全国大会3位入賞と、先輩たちが残した実績も大きい。「対戦相手が、戦う前から気負ってくれるようになりました」と高野範哉監督がうなずく。
 昨年からレギュラーの荒井は決勝2本塁打と大暴れ。「1、2試合目は打てていなかったから、きょう打ててうれしい」と言い、「きょうもそうだったけど、全国でも、大きいのを狙うよりも確実二塁に出てかき回すことを心掛けます。守備ではイージーミスをしないように」と気合を入れ直した。常田幸泰主将は「とにかく、まずは全国に行きたかったのでうれしい。去年は3位だったけど、負けた悔しさは覚えている。ことしは先輩たちを超える全国制覇を」と、こちらも“全国モード”。ナインの目はすでに、夏の神宮球場に向いている。

豊上は大会後コーチ陣の手でナインを次々と胴上げ!

 ◆優勝メンバー◆ 
<10>常田幸泰(1)金田虎大(2)藪内雅也(3)佐々木悠汰(4)坂井塁斗(5)渡邉陸人(6)荒井遥翔(7)長井大季(8)鈴木瑛人(9)佐藤壱翔(11)豊倉伊玖大(12)蒲田大樹(13)五十嵐裕翔(14)早川皓太(15)山﨑夢樹(16)藪内祐樹(17)富塚蒼心
千葉市原マリーンズ
01000|1
6255x|18
豊上ジュニアーズ
 (5回時間切れ)
(千)石橋祐二朗、大島空、永田悠桐-矢野智也
(豊)常田幸泰、渡邉陸人、常田、荒井遥翔、山﨑夢樹-佐々木悠汰、常田、佐々木
本塁打 荒井2、藪内雅也(豊)
 ◇

◆千葉市原マリーンズ準優勝

 千葉市原マリーンズは、準決勝で大橋みどりファイターズと中盤まで大接戦。4回、永田悠桐の満塁弾で一気に引き離し、難敵を下して決勝進出を果たしたが、決勝で王者・豊上と伍して戦う力は残っていなかった。ダブルヘッダーの決勝では十分にあり得る結果だ。
 それでも、昨年大会の3位から、ひとつ前進の準優勝。十分に胸を張れる結果だ。「いまは負けた悔しさしかないけど、豊上との決勝では、みんなが同じ気持ちで、全力プレーできました」と矢野智也主将。「まだ大会があるので、絶対に勝ちたい」と前を向いた。
 ◆準優勝メンバー◆
<10>矢野智也(1)大坂心人(2)橋場光佑(3)石橋祐二朗(4)大島空(5)木村宇海(6)徳留光之介(7)玉城琉空(8)永田悠桐(9)永野新(11)中野優雅(12)高橋優利(13)石川奈愛(14)江澤佑吏

3位の大橋みどりファイターズ

3位の西海ドラゴンズ

 ▽1回戦
磯辺シーグルス (千葉)5-4浦安ベイマリーンズ(葛南)
千葉市原マリーンズ(市原)10-7東金東クラブ (九十九)
習志野ベイドリームス(習志野)8-1鴨川リトルベアーズ (安房)
大橋みどりファイターズ(東葛)9-2光ケ丘シャークス (柏)
豊上ジュニアーズ(柏)17-3岩根フェニックス (かずさ)
並木ペイシェンス(北総)16-6大和田タイガース (八千代)
西海ドラゴンズ(船橋)11-2小林キラーズ (印旛)
海上学区スポーツ少年団(東総)10-7市川南スパローズ (市川)
 ▽2回戦
千葉市原マリーンズ7-2磯辺シーグルス
大橋みどりファイターズ7-1習志野ベイドリームス
豊上ジュニアーズ9-2並木ペイシェンス
西海ドラゴンズ8-1海上学区スポーツ少年団
 ▽準決勝
千葉市原マリーンズ12-7大橋みどりファイターズ
豊上ジュニアーズ14-6西海ドラゴンズ
(東京中日スポーツ)

関連キーワード


おすすめ情報

学童野球の新着

記事一覧