真夏日が最多、346地点 鳥取・宮崎36・1度

2022年6月23日 19時35分 (共同通信)
 日本列島は23日、西日本を中心に晴れ間が広がり、各地で気温が上昇した。全国914観測点のうち30度以上の真夏日は、今年最多となる346地点。うち9地点は35度以上の猛暑日で、最高は鳥取市と宮崎県延岡市でいずれも36・1度を記録した。
 気象庁によると、23日は梅雨前線が弱まり、南から暖かく湿った空気が流れ込んで今年一番の暑さとなった。
 他に猛暑日となったのは、鳥取県倉吉市35・8度、松山市35・5度、大分市と鳥取県米子市がいずれも35・4度、福井県美浜町35・2度、大分県国東市35・1度、大分県杵築市35・0度。

関連キーワード


おすすめ情報