大雨の恐れ、土砂災害警戒を 北日本から西日本

2022年6月24日 07時31分 (共同通信)
 前線を伴った低気圧の影響により北日本から西日本では25日にかけて大雨になる恐れがあるとして、気象庁は24日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼びかけた。
 気象庁によると、低気圧は日本海中部にあって、24日は発達しながら北東へ進み、25日朝にはサハリン付近へ達する見込み。東日本と西日本では落雷や激しい突風に注意する必要もある。
 25日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で、北海道180ミリ、九州北部120ミリ、中国100ミリ。その後の24時間は九州北部で50~100ミリの見込み。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧