小4死亡で市に賠償命令 ゴール下敷き、福岡・大川

2022年6月24日 11時46分 (共同通信)
 2017年、福岡県大川市立川口小で4年生の男児=当時(10)=がサッカーの小型ゴールの下敷きになり死亡したのは、市が安全管理を怠ったためだとして、両親が約4300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁久留米支部は24日、市に計約3600万円の支払いを命じた。
 立川毅裁判長は判決理由で「校長は他校の死亡事故や、文部科学省からの事故防止の通知を認識しており、事故の発生を容易に予見できた」と指摘した上で、ゴールを固定していなかった過失を認めた。

関連キーワード


おすすめ情報