小田嶋隆さんが死去、65歳 反権力の論客、コラムニスト 雑誌「噂の真相」で執筆

2022年6月24日 12時07分
小田嶋隆さん

小田嶋隆さん

 反権力の立場で世相を斬る論客として知られたコラムニストの小田嶋隆(おだじま・たかし)さんが24日、病気のため死去した。65歳。東京都出身。葬儀は近親者で行う。
 早稲田大卒業後、食品メーカー勤務などを経て、1980年代前半からパソコンのマニュアルを書く「テクニカルライター」の草分けとして執筆活動を始めた。
 その後、反権威、反権力、タブーへの挑戦を掲げた雑誌「噂の真相」(2004年休刊)でコラムを連載し、各界の著名人らを鋭く風刺して幅広い読者の支持を獲得。新聞や雑誌、10年ごろからはツイッターでも社会的発言を続けた。早稲田大、関西大では教壇にも立った。
 「小田嶋隆のコラム道」「ポエムに万歳!」「日本語を、取り戻す。」など著書多数。アルコール依存症と診断され、断酒の日々をつづった「上を向いてアルコール」でも知られた。今年6月に初の小説集「東京四次元紀行」を刊行したばかりだった。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報