検察トップ林氏が退官会見 「新しい知見の活用を」

2022年6月24日 12時49分 (共同通信)
 検事総長退官で記者会見する林真琴氏=24日午前、東京・霞が関

 検事総長退官で記者会見する林真琴氏=24日午前、東京・霞が関

 検察トップの検事総長を24日付で退官の林真琴氏(64)が東京・霞が関の最高検で記者会見し「国民の負託に応えるために、刑事司法の外の新しい知見も活用し、さまざまな分野の成果を吸収してほしい」と述べ「しなやかで強い検察をつくり上げてほしい」とエールを送った。
 司法修習同期で東京高検検事長だった黒川弘務氏が新聞記者らと賭けマージャンをしたことが発覚して辞職し、後任の東京高検検事長に。2020年7月に総長になった。賭けマージャンについて「国民の信頼を揺るがす深刻な事態と受け止めた。綱紀保持を一層徹底しないといけないと思い取り組んだ」と振り返った。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧