滋賀・高島市議を不起訴 準強制性交疑い、大津地検

2022年6月24日 16時38分 (共同通信)
 大津地検は24日、同僚の女性議員に対する準強制性交容疑で書類送検された滋賀県高島市の万木豊市議(58)を不起訴(嫌疑不十分)とした。福田尚司次席検事は「捜査を尽くした結果、起訴するに足りる十分な証拠が得られなかった」とのコメントを出した。
 被害を訴えている中川あゆこ市議(42)は取材に「納得できない」と説明し、不起訴を不服として検察審査会に審査を申し立てる意向を示した。
 議会関係者によると、中川市議は昨年7月、万木市議に車の中で酒を飲まされ、性的暴行をされたとする被害届を高島署に提出。署が今年3月30日に書類送検していた。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧