群馬・伊勢崎市で40.2度 6月では史上初の40度台 東京都心を含め各地で猛暑日 今年初の「熱中症警戒アラート」も

2022年6月25日 18時18分
都内で今年初の猛暑日となり、かげろうや逃げ水が現れた歩道を行きかう人たち=東京都千代田区で

都内で今年初の猛暑日となり、かげろうや逃げ水が現れた歩道を行きかう人たち=東京都千代田区で

 関東地方は25日、南から吹き込む暖気と強い日差しで気温がぐんぐん上昇し、群馬県伊勢崎市で40.2度を観測するなど、北関東の内陸部を中心に猛烈な暑さとなった。気象庁によると、国内で6月に40度以上を観測したのは初めて。東京都心も35.4度と、今年初めて35度以上の猛暑日を記録した。
 環境省と気象庁は同日、関東では今年初の「熱中症警戒アラート」を埼玉、茨城両県に発表。水分補給や冷房の利用を呼びかけた。
 各地の最高気温は、栃木県佐野市で39.7度、埼玉県鳩山町で39.2度、茨城県古河市で38.7度、東京都青梅市で38.3度、神奈川県海老名市で35.1度、千葉県横芝光町で35度など。関東1都6県で気象庁が気温を観測する77カ所(島を除く)のうち40カ所で猛暑日、34カ所で6月の観測史上最高を記録した。
 都心で6月の猛暑日は、2005年6月28日の36.2度など過去にも3例あるが、日付では今回が最も早い猛暑日となった。東京都千代田区の皇居外苑ではかげろうや逃げ水が現れ、マスクを外してランニングなどを楽しむ人たちもあった。
 関東は向こう1週間も梅雨空が戻る気配は薄く、夏本番のような暑さが続く見込みだ。(宇佐見昭彦)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧