茨城県内の元高校生、ネット資金募る ひたちなかで8月演奏会 吹奏楽部員 青春取り戻せ

2022年6月26日 07時46分
 合言葉は「青春を取り戻せ」−。新型コロナウイルス禍で活動の場を失った茨城県内の元高校吹奏楽部員でつくる「iBウィンドオーケストラ」が、八月にひたちなか市で演奏会を開く。資金はネット上で寄付を募るクラウドファンディング(CF)で賄った。(出来田敬司)
 メンバーは昨年三月に県内の高校を卒業した約五十人。県立水戸一高卒で北海道大法学部二年の圓谷夏音(つむらやなおと)さん(19)が交流サイト(SNS)を通じて県立水戸桜ノ牧高、霞ケ浦高などの卒業生に参加を呼びかけた。
 二〇二〇年の初めから新型コロナの感染拡大で部活動がままならなくなった。水戸一高吹奏楽部では同年三月の定期演奏会が中止。八月の全日本吹奏楽コンクールの地区大会も行われなかった。圓谷さんは「高校生活が不完全燃焼で終わった。もう一度、仲間同士で集まりたかった」と話す。
 募金はCFサイト「モーション・ギャラリー」で。目標の七十五万円は超えたが、六月三十日まで受け付ける。演奏会は八月二十七日、ひたちなか市文化会館で。時間は未定。入場無料。問い合わせは同楽団のメール=ibwind.2020@gmail.com=へ。 

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧