調布市長選、長友貴樹さんが6選 公約達成率をアピール

2022年6月26日 23時00分
長友貴樹さん

長友貴樹さん

 調布市長選(東京)は26日投開票され、無所属現職の長友貴樹よしき氏(69)が、無所属新人で元会社員の磯辺隆氏(42)を破り、6選を果たした。投票率は37.74%(前回36.65%)だった。
 今回は自民が長友さんへの対抗馬擁立を断念し、これまでになく政党色が薄い選挙戦となった。長友さんは5期20年の市政運営について「公約達成率は94%」と自らの手腕をアピール。公約にコロナ対策や調布駅前広場整備、地域情報化、水害対策の推進を掲げた。
 東京外郭環状道路(外環道)工事を巡る陥没事故への対応では「困難な状況にある市民に寄り添う」と訴えた。6期目を迎える自身への多選批判には、米国のキング牧師の言葉「私には夢がある」を引き合いに、「成長する調布のさらなる発展へ市民とともに歩みたい」とかわした。
 「調布を日本一の環境先進都市に」と呼びかけた磯辺さんは、長友さんの多選を批判し、市政の刷新を訴えたが及ばなかった。(花井勝規)

関連キーワード


おすすめ情報