関東甲信地方で梅雨明け 統計史上最も早く、梅雨入りから最短記録

2022年6月27日 11時08分
 気象庁は27日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より22日、昨年より19日早く、1951年の統計開始以降で最も早い。
 6月に関東甲信で梅雨が明けるのは、6月29日に梅雨明けが発表された2018年以来、4年ぶり。梅雨入りの発表は18年も今年も6月6日で、今年はわずか3週間と統計史上最短の梅雨になった。
 九州南部と東海地方の梅雨明けも27日に発表された。平年より九州南部で18日、東海で22日早く、ともに統計史上2位の早さとなる。
 日本付近の偏西風が平年より北寄りを流れ、太平洋高気圧が張り出しを強めた。梅雨前線の北上が早まり、平年より大幅に前倒しの梅雨明けとなった。

梅雨明けし、青空の下で水遊びをする子どもたち=東京都江戸川区の総合レクリエーション公園で(戸田泰雅撮影)

 この日、東京都心も夏本番の日差しが照りつけ、午前9時すぎに33.8度を観測。気象庁は水分補給や冷房の利用など、熱中症への注意を呼びかけた。
 国土交通省関東地方整備局によると、関東の水がめとされる利根川水系8ダムの合計貯水量は、平年の122%(24日現在)。利根川上流域では梅雨入り前の4〜5月の雨量が平年より多かったとみられる。(宇佐見昭彦)

関連キーワード


おすすめ情報

主要ニュースの新着

記事一覧