無回答候補は「隠れヤシノミ」…参院選でも落選運動開始 選択的夫婦別姓、同性婚への賛否まとめる

2022年6月27日 22時05分

「ヤシノミ作戦」のウェブサイト

 選択的夫婦別姓制度と同性婚への参院選候補者の賛否をまとめ、反対する人を落とそうという「ヤシノミ作戦」のウェブサイトが公開された。ヤシの木の実を落とすイメージになぞらえた落選運動で、昨秋の衆院選では交流サイト(SNS)を中心に拡散。今回はともに「無回答」と態度を明らかにしていない候補者を「隠れヤシノミ」と名付けて紹介している。
 作戦を展開しているのは、IT企業「サイボウズ」社長の青野慶久よしひささん(51)。結婚で妻の姓に変えた不利益を巡り、国に損害賠償請求訴訟を起こし、敗訴した。
 参院選では、選挙区367人、比例178人の候補者リストを作成。新聞やテレビが実施した候補者アンケートの結果などから、選挙区ごとに候補者の賛否を一覧にした。反対している候補者は「ヤシノミ候補」と名付けている。
 青野さんは「選択的夫婦別姓や同性婚に意見しない議員も顕在化させたい。男性しか活躍できない社会に、経済発展も少子化対策もない」とコメントした。(奥野斐)

おすすめ情報