<おニュー☆グルメ>釜元はん米衛 中目黒店(熟成和牛レアハンバーグ定食)

2022年6月28日 07時23分

◆熟成和牛 焼き加減自在

 活気を取り戻しつつある飲食業界を応援する意味も込めて、新店紹介「おニュー☆グルメ」をテーマに加えます。初回は今月3日にオープンした「釜元はん米衛 中目黒店」=写真(上)。
 “定食以上割烹(かっぽう)未満”を掲げるハンバーグ専門店で、熟成肉の焼き肉やステーキ店を展開する新和(東京都北区)が運営。昨年、恵比寿で開店して行列店となった牛タン定食専門店「釜元たん米衛」の姉妹店だ。
 定食に欠かせない米は、京都の老舗米店「八代目儀兵衛」によるブレンド米。注文が入ってから炊きあげる。運ばれてきた羽釜のふたをとると、熱々の湯気と米の香りが立ち上り、なんだか幸せ気分も上がる。
 ハンバーグも鉄板の上でジュージューと音を立てながら登場。黒毛和牛を3週間前後熟成し、毎朝店内でひいて手ごねしたものだ。中はレアなままで提供されるので、好みの焼き加減に仕上げられる。
 セットの小鉢は、だし巻き卵や明太子(めんたいこ)など10種類以上の中から2品まで無料。それ以上は1品100円で追加可。できれば炊きたてご飯も追加を…と思ったら300円でできた。
 ステーキソースのほか自家製「食べる醤油(しょうゆ)」などもあり、自由に味変できる。「熟成和牛レアハンバーグ定食」=同(上)=で180グラム1800円。30グラム増量ごとに200円プラス。炊きたてご飯が食欲を刺激するので、普段より多めに注文しても食べられそうだ。 (さりあ)
 東京都目黒区上目黒1の6の5 森ビル1B。11時半〜22時(21時ラストオーダー)。第2月曜休。(電)03・6451・2747

関連キーワード


おすすめ情報