大型トレーラーに50人の遺体 アメリカ・テキサス州、不法入国の移民か 「近年の最悪事件の1つ」

2022年6月28日 19時29分
多くの遺体が確認された大型トレーラーの発見現場(AP)

多くの遺体が確認された大型トレーラーの発見現場(AP)

 【ニューヨーク=杉藤貴浩】米南部テキサス州サンアントニオ郊外で27日、乗り捨てられた大型トレーラーの中と周辺で50人の遺体が発見された。米メディアが伝えた。不法入国した移民とみられ、死者とは別に子どもを含む十数人が高温による脱水症状などで病院に搬送された。
 犠牲者の死因は明らかになっていないが、現地の27日の最高気温は40度近くに達していたという。ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「近年の移民の死亡で最悪の事件の1つ」と報じた。警察が運転手の行方を追い、3人が拘束されたとも伝えた。
 メキシコのエブラルド外相はツイッターで、亡くなった50人のうち22人がメキシコ人、7人がグアテマラ人、2人がホンジュラス人だと明らかにした。残りは特定されていないという。
 中南米の貧困や政情不安などでメキシコ国境から米国入りを目指す人々は記録的に増えている。不法移民はあっせん業者によってトレーラーやスポーツタイプ多目的車(SUV)に詰め込まれて移動することが多い。昨年3月には西部カリフォルニア州で定員8人に対し20人以上が乗ったSUVが衝突事故を起こし、メキシコ人ら13人が死亡した。

おすすめ情報

国際の新着

記事一覧