江間小四郎PRへ 伊豆の国市が販売 表情豊かな義時ラインスタンプ

2022年6月29日 07時16分
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公、北条義時ゆかりの静岡県伊豆の国市の公式LINE(ライン)スタンプ「いずのくに小四郎(義時)」=写真=が完成した。日常会話で使えるセリフと表情豊かな江間小四郎(えまのこしろう)(義時)を組み合わせた全三十二種類を、ラインスタンプショップで五十コイン(百二十円)で販売している。
 ラインスタンプはトーク画面で使うイラスト。市によると、「おはよう」などの定型文やキャラの表情が豊かなスタンプが人気だ。使いやすさを意識する一方、「なにゆえ」「なんと!!」など鎌倉時代の武将の小四郎らしいせりふのスタンプも用意した。
 義時は現在の同市江間地区に領地があったことから、江間小四郎と呼ばれた。市によると、現在も市内では小四郎と呼ぶ人が少なくない。ドラマをきっかけに市内の人により小四郎に親しんでもらう狙いで作成した。江間地区は義時の屋敷跡などドラマ関連の史跡が多く、名産のイチゴ狩りなども楽しめることから、市外の人へのPRにも活用する。(渡辺陽太郎)

関連キーワード


おすすめ情報