首里城火災1カ月 再建願う観光客 絶えず

2019年11月30日 16時00分

正殿などが焼失した火災から1カ月となった首里城公園。多くの観光客が訪れた=30日午前、那覇市で

 正殿などが焼失した首里城(那覇市)の火災から三十日で一カ月となった。焼失した建物周辺への立ち入りは制限されているが、一部が一般開放されている首里城公園の敷地にはこの日も国内外から多くの観光客が訪れ、「早くきれいな首里城を再建してほしい」といった期待感を口にした。
 観光客は遠くから首里城の焼け跡をスマートフォンで撮影したり、観光ガイドの話に耳を傾けたりしていた。三重県桑名市の会社員森下春樹さん(46)は「応援する気持ちで見に来たけど、やっぱり火災前の首里城に入ってみたかった」と残念そうな様子。
 石川県白山市のパート倉下真美さん(55)は「切ないので募金に協力しようと思う。再建したらまた来たい」と語った。

関連キーワード

PR情報