鍵かけて自転車守ろう 元ももクロ・有安さん呼び掛け 動画やポスターで

2022年6月30日 07時26分
 自転車の盗難被害を防ごうと、埼玉県警はアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の元メンバーで歌手の有安杏果(ありやすももか)さん(27)=富士見市出身=を「自転車盗難被害防止メッセンジャー」に起用し、動画=写真=やポスターで対策を呼び掛けている。
 動画は三十秒と四十五秒の二種類で、ユーチューブの県警公式チャンネルなどで公開中。有安さんが「自転車には『愛錠(あいじょう)』をかけて」と呼び掛け、前輪と後輪の二カ所に鍵を掛けることや、自転車の防犯登録をするよう促している。同じ内容のポスター二千部を県内の学校や警察署、公共施設などに掲示する。
 二十日に県警本部でメッセンジャーの委嘱式が開かれ、有安さんは「自分も電動自転車などに興味があるので、しっかり鍵を掛けることの大切さを伝えたい」と意気込んだ。
 県警生活安全総務課によると、昨年の県内での自転車盗の認知件数は八千五百六十三件で、刑法犯認知件数の約二割を占めた。無施錠の被害は五千二百三十二件で、自転車盗全体の六割以上となっている。(杉原雄介)

関連キーワード


おすすめ情報