クーデターから1年余 「ミャンマー思い出して」 本庄で2日まで 風刺漫画などの展示会

2022年6月30日 07時26分

軍事政権下のミャンマーの政治風刺漫画などが並ぶ展示会=本庄市で

 ミャンマーで国軍がクーデターで政権奪取してから一年余。在日ミャンマー人と支援者らが、平和だったころと軍事政権下の生活の変化を写真や政治風刺漫画などで伝える展示会「ミャンマーを忘れないで!@本庄」が、埼玉県本庄市千代田のカフェ「NINOKURA」(にのくら)で開かれている。来月二日まで。在日ミャンマー人を支援する寄付も募っている。(渡部穣)
 みそ・しょうゆ蔵を改装したNINOKURAでは二階部分も使い、不自由になったミャンマーの人々の苦しみを伝える風刺漫画などが並べられている。主催する「ミャンマーの人々に寄り添う会」では、展示会について「ロシアのウクライナ侵攻で最近はミャンマーのことが忘れられかけている。ミャンマーのことをもう一度思い出してほしい」としている。
 午前十一時〜午後四時(土日は午後五時まで、木曜定休)。最終日の二日は午後一時から写真家の亀山仁さん、午後二時から京都精華大学のナンミャケーカイン准教授のトークショーがある。また、在日ミャンマー人が作るミャンマー料理がカフェで提供される予定。問い合わせはNINOKURA=電0495(24)7878=へ。

関連キーワード


おすすめ情報