夕方の東電管内の供給余力は3%に 停止した福島の火力発電所は復旧へ

2022年6月30日 13時35分
福島県いわき市の勿来火力発電所=30日午後(共同)

福島県いわき市の勿来火力発電所=30日午後(共同)

 30日午前3時ごろ、福島県いわき市の勿来なこそ火力発電所9号機に設備トラブルが生じ停止した。運営する常磐共同火力(東京)によると、9号機の発電出力は60万キロワットで、東京電力と東北電力管内におおむね半分ずつ電力を供給している。電力広域的運営推進機関は30日午前10時10分時点の予測として、東電管内の供給余力を示す予備率は午後4時半~5時に3・0%に低下するとした。安定供給に必要なぎりぎりの水準になる。
 常磐共同火力によると、9号機の運転を30日午後、部分的に再開した。夕方をめどに電力供給の再開を目指すとしている。経済産業省は「電力の供給力に若干の低下はあるが、安定供給に必要な分は確保されている」との見方を示した。常磐共同火力によれば、25万キロワット程度まで復旧する見込みという。東電管内に発令中の電力需給逼迫注意報を維持し、警報への切り替えは見送る。節電の呼びかけは続ける。東北電によると、東北電管内で30日の予備率5%は確保できる見込み。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報