<子どものあした>家族のもやもや、話して楽に 小学生~18歳 来月1日、埼玉・和光でイベント

2019年11月27日 02時00分

「1人で抱え込まないで」と子どもたちに呼び掛ける宮本さん=東京都豊島区で

 テストでいい点をとらないと怒られる。親が自分の話ばかりして私の話を聞いてくれない-。子どもたちが家族に感じるもやっとした気持ちを語り合うイベント「もやもやこどものかくれが」が十二月一日午後一時半から、埼玉県和光市の新倉北地域センターで開かれる。企画者の一人、慶応大四年の宮本理華子さん(22)=東京都港区=は「一人で抱え込まずに話してみたら、ちょっと楽になれるかも」と参加を呼び掛けている。 (浅野有紀)
 宮本さんはアルバイト先の塾で、家族のもやもやを抱える小中学生を見てきた。親からレベルに見合わない学習量を求められる子、習い事をやめたいけれど「親が『やれ』って言う」とつぶやく子。子どもにとって親の存在は大きく、誰にも言えずに思い詰めてしまう子もいるのでは-。安心して聞いてもらえる場所が必要と感じた。
 「かくれが」は、宮本さんの思いに共感した大学生や虐待防止活動に取り組む女性ら五人で企画。「相手を否定しない」ことがルール。「家族に言われたいやな言葉」「きゅうくつだなと思っていること」など、お題が書かれたカードに沿って、自分の思いを言葉にしていく。
 無理に話さなくても、色で自分の気持ちを表現するパステル画も用意している。
 かくれがの対象は、小学生~十八歳。問い合わせは、メール=moyamoyakodomo@gmail.com=へ。

関連キーワード


おすすめ情報