メルマガで妊婦支援 西東京市 小まめに情報発信

2022年7月1日 07時08分
 東京都西東京市は、妊娠中の市民へのメールマガジン配信サービス「西東京市マタニティメール」を始めた。日々の生活での注意点、出産に向けた準備などの情報を小まめに発信し、妊婦をサポートしていく。
 同市の子育て支援アプリ「いこいこ」のダウンロードが必要。アプリ内で出産予定日を入力して配信を希望すると、妊娠10〜36週の間、2週間ごとに週数に合ったメールマガジンが届く。12週なら「眠いのもつわりなのでしっかり休んで」、18週なら「つわりが収まれば栄養バランスのとれた食事を」といった内容だ。37週に、出産に向けた最後のメッセージが配信される。
 メールマガジンは、これまで市に寄せられた質問などを基に職員が作成し、市の保健師や助産師、管理栄養士が監修した。
 問い合わせは市健康課=電042(438)4037=へ。(林朋実)

関連キーワード


おすすめ情報