落語家の人間ドラマ 映画「二つ目物語」池袋・7日まで

2022年7月1日 07時39分

右から林家しん平監督、三遊亭歌る多、林家なな子、柳亭市弥、林家あんこ

 真打ち昇進前の落語家たちの人間ドラマをオムニバス形式でつづる公開中の映画「二つ目物語」(林家しん平監督)の舞台あいさつが、東京・池袋シネマ・ロサで行われた。昇進にまつわるお金の悩みを描いた「貧乏昇進」、幽霊に教えを請う「幽霊指南」、女性大好きな落語家に天罰が下る「モテ男惚(ほ)れ女」の3編。出演者だけでなく、スタッフもほぼ落語家という異色作だ。
 「楽屋で見て、(出演者の役を)あて書きした」。脚本も手がけたしん平が内幕を明かすと、壇上の三遊亭歌る多、柳亭市弥、林家なな子、林家あんことともに会場も笑いに包まれた。7日まで。 (ライター・神野栄子)

関連キーワード


おすすめ情報