夏を涼しく 川崎大師平間寺で「風鈴市」 45都道府県の800種店舗巡り

2022年7月2日 06時58分

涼やかな音色を奏でる風鈴=川崎市川崎区で

 日本各地のご当地の風鈴を集めた川崎大師平間寺の「風鈴市」が一日、周辺の四十店舗で始まった。境内での展示も行われ、強い日差しの中、家族連れが風鈴の涼やかな音色を楽しんでいた。八月七日まで。
 川崎大師観光協会の主催で二十七回目。新型コロナウイルス対策で昨年に続き、店舗巡りの形式で行う。四十五都道府県の風鈴が、八百種類、二万個が集結した。川崎大師オリジナルの厄除(やくよけ)だるま風鈴や信楽焼風鈴など、さまざまなデザインの風鈴を販売する。
 実行委員長の森明弘さんは「音で涼をとるのは、日本ならではの感性。いろんな音色を楽しんでほしい」と話した。午前十時〜午後四時。期間中に三十万人の来場を見込む。(竹谷直子)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧