<各駅停車>選挙取材

2022年7月3日 07時52分
 駆け出しのころ、とある選挙の候補者取材をするにあたり、デスクから「相手を怒らせろ」と指示された。通り一遍の選挙用フレーズではなく、本音や人物の本質を引きだす趣旨だったのだろうが、果たして先方は「こんなひどいインタビューを受けたのは初めて」と激怒した。
 相手は、その選挙で千葉県知事に再選を果たした堂本暁子さん。現職なので県議会で論争になっていた政策課題などを改めて突っ込んだつもりだったが、なにしろ新聞協会賞受賞者でもある業界の大先輩だ。「今それを聞いてどうするの」とだめ出しされ、「こういう時は××から切り出して…」と取材手法をレクチャーされた。企画の狙いが達成されたのか定かではないが、私の報告を聞いたデスクや先輩は大笑いしていた。
 候補者の人柄、主張の内容、所属政党など、選挙で投票先を決めるにあたって何を重視するかは人それぞれだろう。参院選は十日の投開票日まで残り一週間。多くの有権者にとって、一票を投じるための判断材料になる情報を届けたい。(井上仁)

関連キーワード


おすすめ情報