「生前整理は重要と実感」 家族介護者ら整理整頓術学ぶ 宇都宮

2022年7月3日 08時08分

永祚純さんを講師に迎えて開かれた講座=宇都宮市で

 栃木県宇都宮市の地域包括支援センター雀宮・五代若松原が主催する「家族介護教室」の一環として、高齢者が住みやすい住環境の整理に関する講座が、同市新富町の雀宮地区市民センターで開かれた。家財整理のプロが、実践的な空間づくりや生前整理の重要性などを講義、高齢者、家族介護者など約二十人が真剣に耳を傾けた。
 同教室は、主に家族介護者を対象に年一、二回開催。独居世帯の増加や生前整理に関心が高まる中、同市陽東五でリサイクルや家財整理などを手がける「うつのみや家財整理サービス」を営む永祚(えいそ)純さん(43)を講師に迎えた。
 永祚さんは、遺品整理トラブルや高齢者を狙った悪徳廃品回収業者の増加など、高齢世帯の抱える問題と対応策を解説。在宅で快適に過ごすための整理整頓術も説明し、「今日から一日一捨。不用品に振り回されない、自分が主役の暮らしを楽しみましょう」と訴えた。
 参加者の山本章さん(71)は「家族に迷惑を掛けないためにも生前整理は重要と実感した。友人や近所の方と共有したい」と話した。(ライター・青柳厚子)

関連キーワード


おすすめ情報

栃木の新着

記事一覧