多摩川マラソン 4年ぶりに開催 参加者募集

2022年7月4日 07時19分
 川崎市は、等々力陸上競技場(中原区)をメイン会場として十一月二十日に開かれる「かわさき多摩川マラソン」の参加者を募集している。二〇一九年は台風19号、二〇、二一年はコロナ禍で中止され、開催は四年ぶり。
 コースは同競技場を発着点に平たんな多摩川河川敷などを走る。制限時間もゆとりがあり、初心者でも気軽に参加できるという。これまで「川崎国際多摩川マラソン」の名称だったが今回から変更。子どもや障害のある人にも身近な大会にとリニューアルを図った。
 定員はハーフマラソンが三千八百五十人、十キロが二千二百人、三キロが四百四十人。小学生と保護者が一キロを走るファミリーランニングは低学年、中学年、高学年の部門別に各百組二百人を募る。参加料は部門などによって異なる。
 申し込みは大会公式ウェブサイトのみで先着順。中止になった昨年の申込者の先行募集は既に始まっており、今月四日まで。市民先行募集は十五〜二十二日。定員に達しない種目は二十五日〜八月十二日に一般募集する。
 市は初心者向けの走り方セミナーや、親子向けの「ゆるスポーツ体験会」といった関連イベントも予定している。(北條香子)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧