高崎市 肥料などの購入や農業施設復旧費補助 降ひょう被害で追加独自支援策

2022年7月4日 07時52分
 群馬県高崎市は、降ひょうによる農作物の被害について、見舞金の支給に加えて追加の支援策を発表した。県と連携し、肥料などの購入や農業用施設の復旧費用を補助する。
 被害作物の回復のために使用する肥料や病害虫を防ぐ薬剤の購入は、基準単価に基づいて全額を助成する。農業用施設の復旧や修繕は、市独自の支援を上乗せして半額を補助する。降ひょう被害による借入金の利子と保証料の全額を最大十年間助成する。
 市によると、五月二十七日と六月二日に市内で強い降ひょうがあった。市内の農業被害額は六億三千万円で、出荷前の梅などに被害が相次いだ。梅の出荷量は例年の二〜三割に落ち込む可能性がある。
 富岡賢治市長は「市の災害条例の適用のほか、被害の甚大さを鑑み、県と連携して被災農家を支援していく」とコメントした。(安永陽祐)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧