参院選神奈川 期日前1.31倍の49.3万人 県選管19年比 相模原市中央区など高く

2022年7月5日 07時39分
 10日投開票の参院選で、神奈川県選挙管理委員会は4日、公示(6月22日)翌日から7月3日までの期日前投票状況を発表した。期日前投票者数は49万3430人と、前回2019年参院選の1.31倍に増えた。
 市区町村別では、相模原市中央区が前回比2.33倍、同市南区が同2.27倍と高かった。県選管によると、同市は前回、投票所入場券の発送が遅れて期日前投票者数が少なかった。一方、山北町は同0.58倍と唯一、前回比で減少。山北町長選と町議補選が5日告示のため、二度手間を避けるために期日前投票を控えたとみられる。
 期日前投票は9日まで、各市町村の会場で受け付けている。(志村彰太)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧